2013年09月18日

ソフトバンク、送電出資へ 北海道の風力、官民で推進

【藤崎麻里】北海道で風力発電を増やすための送電網の増強事業に、ソフトバンクや丸紅、風力発電を展開するユーラスエナジーホールディングスなどが参入す る見通しになった。電力大手以外で初めて送電を手がける。多様な事業者が送電網スーツケースを使いやすくなり、電力自由化をキャリーバッグ後押ししそうだ。



 経済産業省が音頭を取ってつくる特別目スーツケース ブランド的会社(SPC)に、北海道電力とともにキャリーケース共同出資する方向だ。いずれも風力発電を手がけていたり、参入を検討していたりする企業だ。経産省は18日午後にも参加企業の公募を始める。



 北海道は一定の風が安定して吹く風力発電の適地だが、送電網の貧弱さが足かせだった。経産省は、原発3~4基分にあたる約390万キロワット分の風力発電を新たに受け入れるのに必要な送電網の整備費を約3千億円と見積もっている。
posted by スーツケース at 17:33| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。